2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な穴場アプリについて・・・

最近、意外な穴場を見つけました。

マッチ』という婚活アプリです。

在日外国人が多いのに、
外国人目当ての参加者が少ない
(日本人向けアプリなので・・・)

検索設定で居住地、人種、言語を操作すれば、
外国人ユーザーが多いことに驚きます。

【外国人の検索方法】
婚活サイト「マッチ」で外国人ユーザーを検索する裏技
【おすすめ記事】
30歳以上の日本人でも顔写真を載せれば20代の外国人と交流できる理由


「メル友の探し方」カテゴリーアーカイブ

Lang8で真面目な言語交換

日本発の添削サイトLang8の紹介。

Lang8

http://lang-8.com/

 

このサイトができたばかりのころはかなり注目されていた。

SNSの人気が爆発していた時期だからだ。

SNSで書くべき近況(日記)を学習中の言語で書くと、ネイティブスピーカーが添削してくれるという趣旨。

でも、この日記形式は、結局は、うまくいかなかったようで、今は、添削してほしい文章を、書き込む形式になっている。日記でなくてもいい。

多くの人は言語学習しながら、友達を作れるという機能に着目したが、実際、添削と友達作りもリンクしなかった。

なぜかというと、たとえば、日本語を勉強しているフランス人が日本語で文章を書いたとする。もし、フランス語を勉強中の日本人が添削すれば、言語交換が成立するだろう。

しかし実際は、人に教えるのが好きな、日本人が添削しまくる。

日本語お宅で、日本語を教えることに優越感を感じているタイプの人。

添削サイトとしては、機能するが、そこから、交流は生まれにくくなるのだ。

ただし、Lang8は、メッセージ送信機能があるので、外国人に直接メールを送ると、返信がもらえることも多い。

だから、メル友探しに使える。

真面目なユーザーが多いので、言語学習目的だという事をアピールしたほうが返信率が高くなると思う。

イタリア人のメル友ならtomobookで探せる

今回紹介するのはtomobookというSNS。

tomobook

http://www.tomobook.jada-jp.com/

イタリア人と日本人の交流に特化したSNS。

単なるFacebookのパクリサイトに過ぎない。

たぶん、まともに、このSNS機能を使って、近況や写真を投稿している人はいないと思う。

そもそもアクティブユーザーが少なすぎる。

でも、友達ができる。

ただし、非効率。

片っ端から、友リクを送る必要があるからだ。

 

ラッキーなのは、友リクを送りすぎても、友リク禁止になったりしないこと。だから、頑張れば、すべてのユーザーに友リクを送ることも可能。

友リクが承認されると、相手にメッセージを送ることができる。

ユーザー数は多め。

 

ただし、ユーザーの大半は、おそらくこのSNSが開設された当時に登録した人たちで、コンタクトを取ろうと思っても、無理というケースが多い。

捨てアドで登録して、すでに、登録したことも忘れているような人たちが大半。

それでも、新規登録者やメインアドレスで登録した過去のユーザーと友達になれるチャンスもある。

HI Penpalで韓国人の友達を探す方法

ペンパルサイトとして有名なHI PENPAL。

Hi Penpal

http://www.hipenpal.com/

 

俺は利用したことがない。韓国人に特化したサイトだからだ。

韓国人が嫌いという意味ではない。

むしろ、過去に友達になった韓国人はかなりいい感じの女の子たちだった。

問題は、韓国人と交流したがっている人が多すぎるってこと。

単純に、競争率が高くなりやすい。

まぁ、俺は実際に韓国人に注目して友達募集したことがないので偉そうなことは言えないが。。。

もし、韓国人男性と交流したがっている日本人女性の大半が、おばちゃんばかりなら、韓国好きの若い女性はかなり有利になると思う。

つい最近、韓国の有名タレントが結婚するという事で、日本人のファンが式場に殺到していたが、どう見ても50歳以上のおばちゃんばかりだった。

ペンパルサイトでも同じよな状況なら、30代の日本人女性でも大人気になるかもしれないが。。。

まぁ、現実は、単に、競争率が激しいだけだと思う。

とくに、韓国語を勉強しているわけでないのなら、他の国のメル友を探したほうがいいと思う。

taiwannkanko掲示板で台湾人のメル友を探す

ダサいデザインの掲示板で、しかも、外国人の投稿数が多いサイトを見つけると「ラッキー!」と感じる。

警戒心が強い日本人が利用したがらないからだ。警戒心が強すぎる日本人は、掲示板を見つけても、すぐに画面を閉じてしまう。(俺はそう思っている。)

今回紹介するのはtaiwankanko.com内の掲示板。

taiwankanko.com

http://www.taiwankanko.com/friendbbs/index.cgi

台湾には親日家が多い。しかも、日本から近いから、日本に留学や仕事で滞在している人も多いのだ。

漢字がわかるせいか、台湾人の日本語力は非常に高い。

俺は、中国語を全く話せないけれど、日本語で台湾人と交流したことは何回もある。ラインを使っている人が多いのでラインに誘うのもいいかもしれない。

 

中国人メル友探しならMahoo!

怪しい掲示板ほど、メル友は見つけやすいと思っている。低機能の掲示板で、セキュリティーが甘そうなサイト。

たとえば、中国系に強いMahoo!はその典型的なタイプだと思う。

Mahoo!上海

http://www.mahooshanghai.com/bbs/com/com.html

Mahooは極めて粗雑な管理のサイトだなと思う。

中国以外にもいろいろな掲示板を量産している。

でも、もともとは、中国系のサイトなので、Mahooを使うなら中国人の友達探しをするべきだと思う。

掲示板は、10年以上前に流行っていたタイプの形式。無料で配布されている掲示板のスクリプトのデザインだけを変更して公開しているのだろう。

しかも、メールのポップアップが機能しない。

俺はウィンドウズ8、グーグルクロームの環境で使っているが、ニックネームをクリックして起動するはずのメーラーが起動しない。

多くの人は連絡先がわからないまま、諦めてしまうのではないだろうか。

改善策は簡単で、ニックネームのリンクにポンタを当てると、ブラウザの左下付近に、mail toという文字があり、そのあとに、メルアドが表示される。それを参考にメールを送ればいい。

低機能の胡散臭い掲示板だが、中国人ユーザーが多いので、利用価値は十分あると思う。

Multilingual Networkは、ヨーロッパの友達探しに活用する

Multilingual Networkという掲示板サイトがある。俺が、外国人のメル友を探し始めた時、既に存在していたので、古めのサイト。

Multilingual Network

http://multilingual-network.com/

 

でも、ユーザー数の伸びが今一。それどころか、最近行われた使用の変更によって、ユーザー数が減ってしまったようだ。

 

ただし、未だにヨーロッパの友達を探すには有効。

 

まず、このサイトは、有料サイトなのだが、無料で利用できる枠がある。

その無料の範囲が、最近の仕様変更によって減ってしまった。

今までは、無料でも、通常のペンパル掲示板と同じように投稿できた。その代りオープンアドレスタイプ。

メールアドレスがそのまま公開されていた。

有料の人はページの上の方に表示されるが、無料枠の友達募集メッセージは、下の方に表示されていた。これは、現在の仕様でも変わりない。

要するに、有料登録すると、ページの上の方に表示されるので目立つ。そして、メールアドレスを公開しなくてもメッセージを受け取ることができた。

 

この程度の機能なら、お金を払う必要もない気がするが、少しでも目立ちたい人たちは、有料登録していたようだ。

 

その後、使用の変更。

無料枠が狭くなった。

無料で利用する場合も会員登録が必須になった。

そして、無料枠で友だちを募集した場合に受け取ることができるメールの数は5通まで。

他の無料ペンパル掲示板は、女性であれば、一度募集すればたくあんのメールが届く。

それなのに、マルチリンガルネットワークは5通しか届かない。

そうなると、外国人ユーザーが減って当然の気がする。

投稿数が少ないから、日本人もあまり利用しなくなった。

とはいえ、優良なサイトなので、未だに、利用価値はあると思っている。

 

ITALKIという添削SNSで語学パートナーを探す方法

ITALKIというサイトがある。勉強中の言語で文章を書くと、ネイティブスピーカーが添削してくれる。

ITALKI

http://italki.com/

 

その他にも、外国語のレッスン機能もあるが、そちらは有料なので使わない。

俺が主に使っていたのは、SNSのメッセージ機能。

 

最初のころは、日本語勉強中の人が書いた文章を添削したら、外国人と仲良くなれるんじゃないかと思っていた。

でも、添削希望の文章を書く人たちはまじめすぎて、あまり、友達になれなかった。

 

でも、ITALKIは、SNSなので、ユーザー同士の交流もできる。

友リク機能もあるがそれはあまり意味がない。たぶん、友達になると、添削投稿が優先的に表示されるというメリットがあるのだろうが、俺の場合、すでに添削機能を使うのはやめているので、友達申請をすることもない。

友達承認されていなくてもITALKIでは、メッセージを送ることができるのである。

だから、プロフィールの文章を読んで、友達を募集している人を見つけたら、メッセージを書く。これだけで、メル友が増えるのである。

 

多くの人は、添削機能ばかりに着目しているので、メッセージを送らない。だから、ジャパンガイドのような、友達募集掲示板よりも、日本人ライバルが少なくなるので、返信率も高いと思う。

Japan Guideでメル友を作る方法

Japan Guideというサイトがある。

たぶん、日本人に一番人気が高いペンパル募集サイトだと思う。

Japan Guide

http://www.japan-guide.com/local/?aCAT=2

サイト名からもわかる通り外国人向けの日本案内サイトだ。英語サイトなので、日本について調べている外国人が沢山訪問するサイト。

俺が、ネットで外国人のメル友を探し始めたころからあるサイトだから、かなり古いと思う。

ページ数が多く、親日家の外国人が見つけやすいサイトになっているので、外国人ユーザーが多い。

 

ただし、アジア系のユーザーは少ない。アジアの人たちは英語で検索しなからだ。

ヨーロッパのユーザー、たとえば、フランス、イタリア、ドイツ、スペインのユーザーは結構いる。彼らは英語以外の言語を話すが、文字は、英語に近いから、検索時に、英語のキーワードで検索することが多いのだろう。

それに、日本について調べる時、ローマ字で固有名詞を入力する場合、フランス語も英語も、同じスペルになる。だから、ヨーロッパ系のユーザーも多いのだろう。

 

前置きが長くなったが、このサイトは、初心者にはとても便利だと思う。

ただ、覚悟してほしいのは、すでに口コミによって、評判が広がり、日本人ユーザー数が増えていること。

ペンパル掲示板を紹介する際、一番最初にあがるのが、Japan Guideという場合が多いのである。

だから、俺は最近は使っていない。

日本人のライバルが多くて、外国人のメールの返信をもらうのが難しい状態。

仮に、メールの返信をもらえても、長続きしない。なぜかというと、外国人にはたくさんのメールが届くので、日本人の友達探しは簡単だと思ってしまう。日本人の友達を貴重に感じなくなっているのだ。

とはいえ、やっぱり、初心者はジャパンガイドが使いやすい。

無料会員登録が必須になっているけれど、それは、スパムメールを防止する役割を持っている。

会員登録させることで、一日のメール送信数を制限しているのだ。

それに、ファーストメール以外は、基本的に、各々のメールアドレスでの交流になるという点もうれしい。

スパム防止策がとられるのは、ファーストメールだけなのである。

SNS形式のペンパルサイトだと、毎回、サイトにアクセスするのが面倒。だからといって、メールアドレスでの交流を外国人に提案すると、警戒されて、音信不通になったりする。

それを考えると、自分のメールアドレスで交流できるというのはとても便利なのである。